よくある質問
質問のタイトルを選択すると回答内容が表示されます。

出願前の準備や確認

出願種類や募集要項(PDF)を表示するにはアドビシステムズ社のAdobe Reader DCが必要です。
下記のアイコンをクリックし、最新版をダウンロード(無償)して設定してください。

また、すでにAdobe Readerをダウンロードされている方につきましてもバージョンをご確認いただき、最新版でない場合はアップデートされることを推奨します。

get adobe reader


上記設定後もPDFを表示できない場合は、以下の方法でお試しいただきますようお願いします。

【PDFファイルを保存してから開く】

  • 【Internet Explorer、Google Chrome、Microsoft Edgeの場合】
    1. PDFファイルのリンク箇所にマウスポインターを合わせ、右クリックします。
    2. ファイルを保存し、保存した場所からPDFファイルを開いてください。
  • 【Safariの場合】
    1. PDFファイルのリンク箇所にマウスポインターを合わせ、『control + クリック』します。
    2. ファイルを保存し、保存した場所からPDFファイルを開いてください。

■PCからの出願では次のブラウザを利用してください。

Windows環境の場合 Macintosh環境の場合
Google Chrome 51以降
Internet Explorer 11以降
Microsoft Edge
Safari 8以降
Google Chrome 51以降
※Windows8.1・Windows10をご利用の際はデスクトップから必ず起動してください。
※Internet Explorerの互換表示モードは推奨環境ではなく、デザインが崩れるなどの可能性があります。

■スマートフォン、タブレットからの出願では次のOSを利用してください。

Android環境の場合 iOS環境の場合
Android 4.4以降
OSの標準ブラウザが推奨環境となります。
iOS 10.2以降
OSの標準ブラウザが推奨環境となります。
※環境によっては一部機能が動作しないことがあります。その場合はPCを使用してください。

サイトでは登録情報を一時的に保存するために、Cookie(クッキー)という機能を使用しておりますので、必ずブラウザの設定を「Cookieを受け付ける(有効にする)」設定にしてください。 ただし、個人情報を保有するためではありませんのでご安心ください。
また、登録の際の利便性を高めるために、JavaScriptという機能も使用していますので、以下を参照し設定を有効にし、ブラウザを再起動してください。

  • 【Microsoft Edgeの場合】
    • Cookieの有効化
      1. Microsoft Edgeの画面右上のメニューをクリックし、「設定」をクリックします。
      2. 画面下部の「詳細設定を表示」をクリックします。
      3. 「Cookie」の項目の「Cookieをブロックしない」を選択します。
    • JavaScriptの有効化
      1. Windowsのスタートメニューより「設定」を選択します。
      2. 右上にある検索窓に「グループポリシー」と入力します。
      3. 検索結果から、「グループポリシーの編集」を選択します。
      4. 「ローカルグループポリシーエディター」が開きますので、左のツリーから「ユーザーの構成」⇒「管理用テンプレート」⇒「Windowsコンポーネント」⇒「Microsoft Edge」を選択します。
      5. 右側に表示された設定項目の「Javascriptなどのスクリプトを実行できるようにする」を選択し、「ポリシー設定」リンクをクリックします。
      6. ラジオボタンの「有効」を選択し、「OK」ボタンを押します。
      7. 一度すべてのウインドウを終了させ、Microsoft Edgeを再起動します。
  • 【Internet Explorer 11.Xの場合】
    • Cookieの有効化
      1. 「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「プライバシー」⇒「詳細設定」をクリックします。
      2. 「自動Cookie処理を上書きする(O)」にチェックを入れ、その下にある「常にセッションCookieを許可する」にもチェックします。
    • JavaScriptの有効化
      1. 「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「セキュリティ」⇒「レベルのカスタマイズ」を選択します。
      2. 「スクリプト」⇒「アクティブ スクリプト」項目を「有効にする」を選択します。
    • TLSの有効化
      1. 「ツール」⇒「インターネットオプション」⇒「詳細設定」を選択します。
      2. [TLS 1.0 を使用する][TLS 1.1 の使用][TLS 1.2 の使用]を全てチェックします。
  • 【Google Chromeの場合】
    • Cookieの有効化
      1. Google Chromeの設定アイコンchrome_setting をクリックし、「設定」をクリックします。
      2. ページの下側で「詳細設定を表示」をクリック⇒「プライバシー」セクションで「コンテンツの設定」をクリック⇒「ローカルへのデータ設定を許可する(推奨)」を選択し、「完了」をクリックします。
    • JavaScriptの有効化
      1. Google Chromeの設定アイコンchrome_setting をクリックし、「設定」をクリックします。
      2. ページの下側で「詳細設定を表示」をクリック⇒「プライバシー」 セクションで「コンテンツの設定」をクリック⇒「JavaScript」内の「すべてのサイトでJavaScriptの実行を許可する(推奨)」を選択し、「完了」をクリックします。
  • 【Safariの場合】
    • Cookieの有効化
      1. メニューバーの「Safari」をクリックし、「環境設定...」をクリック、「プライバシー」をクリックします。
      2. 「Cookieをブロック」項目の「知らないサイトや広告のみ」にチェックします。
    • JavaScriptの有効化
      1. メニューバーの「Safari」をクリックし、「環境設定...」をクリック、画面上部の「セキュリティ」アイコンをクリックします。
      2. 「Webコンテンツ」の項目で「JavaScriptを有効にする」にチェックします。

インターネット出願登録完了後、A4サイズの用紙が印刷可能なプリンターが必要です。

自宅にプリンターのない人は、出願登録を完了した後に、プリンターのある場所でガイダンス画面の マイページ にログイン、[申し込み一覧]から印刷するか、PDFファイルを記憶媒体(USBメモリ、SDメモリカード等)に保存し、コンビニエンスストアのマルチコピー機等を使用して印刷してください。

インターネット環境の整ったパソコンであれば、どちらのパソコンでも使用可能です。

ただし、出願確認や入金確認のメールを受信したい場合、登録したメールアドレスに送信されるメールを自由に閲覧できることが前提です。また、出願確認票などを印刷できるプリンターがあることを事前に確認してください。

フリーメールのメールアドレスも使用可能です。

ただし、出願登録時や入学検定料の支払い後、システムから自動送信している通知メールが、メールサービスを運営する会社の迷惑メール対策の関係からウイルスや迷惑メールと判断され、通常の受信ボックスに振り分けられずに確認できない場合や、メール自体が届かない場合があります。

(これは、メールサービス提供側のシステムやメーラー(PCや携帯電話)の設定上の問題です)

出願登録の際、メールアドレス入力時に「メール受信確認」からテストメールを送信して、メール受信の可否を確認してください。

その際、本学のドメイン(fujita-hu.ac.jp)を受信指定してください。

携帯電話、スマートフォンのメールアドレスも使用可能です。

登録されたメールアドレスは、出願登録完了の通知や入金確認の通知などに使用しますので、出願登録の際、メールアドレス入力時に「メール受信確認」からテストメールを送信して、メール受信の可否を確認してください。

その際、本学のドメイン(fujita-hu.ac.jp)を受信指定してください。

履歴書用など、正式な書類に利用される証明写真と同様のものをご用意ください。

証明写真を撮影するには、「写真館を利用する方法」と「街中にあるスピード写真の機械を利用する方法」があります。

  1. 写真館を利用する
    • 「データ化サービス」を利用してください。 例えば写真館では、撮影した写真のデータを、CD-ROMにして渡してくれるところがあり、業者によっては、希望の大きさにリサイズしてくれる場合もあります。 データをCD-ROMにする以外にも、データをスマートフォンに転送するサービスを行っている業者もあります。
  2. 街中にあるスピード写真の機械を利用する
    • 「データ受け取りが可能な機械」であるか確認してください。プリントのみ受け取りの機械ですと、顔写真データを受け取れませんので、ご注意ください。
    • データ受け取りが可能な機械では、撮影した写真をデータにして送るサービスや証明写真データをダウンロードするサービスがあります。

また、デジタルカメラ、スマートフォンを使って自分で撮影する方法もあります。
その場合は、明るめの無地の壁を背景にして、余計なものが写らないような撮影場所を準備し、縦横比が4:3、本人とわかる解像になるよう撮影してください。

  • 縦横比4:3(デジタルカメラ、スマートフォン等で撮影したものでも構いません。)
  • 正面上半身、脱帽、背景無地
  • 出願登録より3か月以内に撮影したもの
  • 無加工、無修正のもの
  • データ形式はJPEG(jpeg/jpg)

調査書は、志望した試験区分ごと必要になります。
また、医療科学部センター試験利用入学試験、センタープラス入学試験については、志望した学科(専攻)ごとにも必要です。

各学部・学校の学生募集要項の提出書類をご確認の上、準備してください。

例1)医学部 一般入学試験前期 と 医学部 センター試験利用入学試験 前期 に併願

一般前期
<1通>
センター利用前期
<1通>
<2通>必要


例2)医療科学部の1学科を 一般前期入学試験 と センター試験利用前期入学試験 と センタープラス入学試験 に併願

一般前期
看護学科
<1通>
センター利用前期
看護学科
<1通>
センタープラス
看護学科
<1通>
<3通>必要

例3)医療科学部の1学科を併願 一般前期で第2志望学科も出願

一般前期
臨床検査学科
(第2志望 臨床工学科)
<1通>
センター利用前期
臨床検査学科
<1通>
センタープラス
臨床検査学科
<1通>
<3通>必要


例4)医療科学部の1学科を併願 一般前期の第2志望学科でも併願

一般前期
リハ理学
(第2志望 リハ作業)
<1通>
センター
利用前期
リハ理学
<1通>
センター
利用前期
リハ作業
<1通>
センタープラス
リハ理学
<1通>
センタープラス
リハ作業
<1通>
<5通>必要


例5)医療科学部 センター試験利用前期入学試験で2学科(専攻)を併願

センター利用前期
放射線学科
<1通>
センター利用前期
医療経営情報学科
<1通>
<2通>必要

【注1】医療科学部の第2志望学科制度は一般入試のみ行っております。
【注2】医療科学部のセンタープラス入試のみの単独出願、追加出願はできません。

第2志望学科とセンタープラス入試については、学生募集要項を確認してください。

アセンブリ入学試験は、高校時代の活動をまとめた『アクティブレポート』と『国際適性試験(英語力)』、『科学適性試験(理科系能力)』から成る第1次試験、『グループディスカッション』から成る第2次試験による、2段階選抜のAO入学試験です。
併願可能です。

本学指定の資格・検定試験で該当条件が揃えば、国際適性試験(英語力)が免除されます。

(受験資格、試験科目、選抜方法等の詳細については、学生募集要項をご確認ください。)

入学の意志がある場合のみ、第2志望学科(専攻)を1学科に限り選択できる制度です。
この選択での入学検定料は、第1志望学科(専攻)の入学検定料に含まれます。

選択を希望する方は学生募集要項19~21ページにて、第2志望として受験できる学科、合否判定の取り扱い、試験科目等を確認してください。なお、出願後には、学科(専攻)の変更はできませんので、注意してください。

センタープラス入学試験は、医療科学部の一般前期入試とセンター利用前期入試において、同一学科・専攻で各学科(専攻)所定の科目を受験している方が受験できる入試です。
(受験資格、試験科目、選抜方法等については、学生募集要項をご確認ください)

一般前期入試とセンター試験利用前期入試を出願する際に「同時出願登録」してください。
書類の提出については、一般前期入試およびセンター試験利用前期入試の出願書類と「同時提出」となります。出願期間内に医療科学部入試係まで直接持参又は郵送してください。

なお、センタープラス入学試験のみの単独出願、追加出願はできません。
また、出願後には、学科(専攻)の変更はできませんので、注意してください。

出願登録に関すること

CookieおよびJavaScriptの設定が有効になっているか確認してください。
方法については、上記の「ブラウザの設定で気をつけることは何でしょうか。」を参照してください。

Cookieが有効になっているか、上記の「ブラウザの設定で気をつけることは何でしょうか。」を確認してください。
また、ご利用のブラウザが推奨のものであるか確認してください。

個人情報についてはマイページの[個人情報修正] から修正できます。
ただし、一部修正不可の項目がありますので、その場合は志望する学部入試係または看護専門学校入試係まで相談してください。

試験情報に関する場合は、支払い前であれば、マイページ の[申し込み一覧]画面から該当試験の申請を削除ボタンで削除し、「追加出願」で再度出願登録を行ってください。
支払い後は、試験情報の変更はできませんので、志望する学部入試係または看護専門学校入試係まで相談してください。

入力したメールアドレスの入力間違いが考えられます。

そのような事態を避けるため、個人情報入力画面のメールアドレス入力時に[メール受信確認]にて、メールアドレスに間違いがないか事前に確認してください。

また、メールが配信される回線の経路やメールサービス側の負荷などにより、多少時間がかかることがありますのでしばらくお待ちください。届かない場合には、 マイページ にログインして、[申し込み一覧]画面から出願登録がされているかを確認することができます。

氏名や住所などの個人情報を入力する際に、漢字が登録エラーになる場合は代替の文字を入力してください。

例) 髙木→高木  山﨑→山崎  (ローマ数字)Ⅲ→(算用数字)3
   (丸数字)①→(括弧書き数字、全角数字)(1)

マイページ にログインして、[申し込み一覧]画面から出願登録がされているかを確認することができます。

出願者の情報入力画面または入力事項の確認画面でフリーズした場合は、まだ登録されていないので、もう一度、出願者情報入力画面からやり直してください。

文字数が制限される機種や設定になっていると、メールの本文が全て表示されない場合がありますので、1000文字程度読める機種または設定になっているかを確認してください。
なお、登録する場合は、本学のドメイン(fujita-hu.ac.jp)を受信指定してください。

メールアドレス、パスワードの入力が間違っていないか、出願登録時に印刷した出願確認票や出願確認メールをよく確認してください。

可能です。

マイページ にログインして「追加出願」を行ってください。

入学検定料に関すること

  • 共通
    • 支払い方法により、必要となる各番号、手順が異なります。
      登録完了ページで表示される支払いに必要な情報(支払い可能なコンビニエンスストア・金融機関、各番号、手順など)を確認し、コンビニエンスストアや銀行に行ってください。必要情報の印刷、またはメモをとってください。

      (各番号)
      コンビニ・店頭レジ支払い       → オンライン決済番号
      コンビニ・店頭設置端末支払い     → お客様番号/オンライン決済番号、確認番号
      銀行ATMでのペイジー(Pay-easy)払い → 収納機関番号、お客様番号、確認番号

    • 支払期限が過ぎると支払うことができません。
    • 支払いの際に、別途払込手数料が掛かります。
      下記の「入学検定料の他に手数料はかかりますか。」を参照してください。
    • 登録したあとに支払方法の変更はできません。
    • 支払った際に受け取る「領収書(レシート)」「取扱明細書兼領収書」または「ご利用明細票の原本」等は必ず持ち帰って、大切に保管してください。
  • クレジットカード
    • 登録完了と同時に検定料の支払いが完了しますので、その後の登録内容の変更はできません。
    • 事前にクレジットカードの有効期限とご利用可能なカード会社(「VISA」・「MasterCard」・「JCB」・「AMERICAN EXPRESS」・「Diners Club」のロゴがあるもの)を確認してください。
    • 登録時の支払い回数は、1回のみとなります。※分割などの手続きについては、出願登録後、各カード会社に問い合わせてください。
    • 返金には対応しておりませんので注意してください。
    • クレジットカードの請求書には下記のいずれかが印字されます。
      “藤田保健衛生大学”
      “フジタホケンエイセイダイガク”
      “FUJITA HEALTH UNIVERSITY”
  • コンビニエンスストア
    • デイリーヤマザキ、ヤマザキデイリーストア、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、サークルK、サンクス、セイコーマートを利用してください。(セブンイレブンは利用できません)
    • 入学検定料は現金で支払ってください。
  • 銀行ATM(ペイジー払い)
    • 三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行他、各店舗のATMが利用できます。
    • 銀行ATMの営業時間は、店舗によって異なるため、事前に銀行のサイトなどで確認してください。
    • 銀行ATMによってはキャッシュカードのみ(現金で払えない)の場合がありますので注意してください。
    • 年末年始は、ゆうちょ銀行や各銀行の各店舗の営業休止のお知らせを確認して利用してください。
    • コンビニエンスストアの銀行ATMは利用できません。
    • 金融機関の窓口では取り扱いできません。
    • 10万円を超える場合は現金で支払うことができませんので、銀行のキャッシュカードを用意してください。
  • インターネットバンキング
    • ペイジー(Pay-easy)対応の金融機関およびペイジー(Pay-easy)非対応のインターネットバンク(ジャパンネット銀行、楽天銀行など)をご利用いただけます。
    • ご利用には、各銀行のインターネットバンクの事前の利用契約が必要です。
    • 各銀行のインターネットバンキングに直接ログインして支払うことはできません。
      インターネット出願の画面より支払ってください。

入学検定料の他に以下の払込手数料がかかります。

  • クレジットカードの場合
    一律 500円
  • コンビニエンスストア・銀行ATM(ペイジー)・インターネットバンキングの場合
    一律 300円

[申し込み一覧]画面で確認できます。

ガイダンスページの マイページ にログインして、[申し込み一覧]画面から確認してください。

出願手続き時において、領収書、利用明細書当を提出する必要はありません。

通常の手続きが正しく行われれば領収書、利用明細書等は必要ありませんが、後日支払いの事実を証明する必要が発生した場合には、支払いを証明する書類として必要になります。 支払った各(金融)機関の確認と、状況によっては当該機関に問い合わせてください。

出願書類に関すること

出願書類」「学生募集要項」を確認してください。

出願登録完了後は、印刷する書類についてはマイページからも確認できます。

[申し込み一覧]画面で確認できます。

ガイダンスページの マイページ にログインして、[申し込み一覧]画面から確認してください。

調査書は、志望した試験区分ごと必要になります。
また、医療科学部センター試験利用入学試験、センタープラス入学試験については、志望した学科(専攻)ごとにも必要です。

各学部・学校の学生募集要項の提出書類をご確認の上、準備してください。

例1)医学部 一般入学試験前期 と 医学部 センター試験利用入学試験 前期 に併願

一般前期
<1通>
センター利用前期
<1通>
<2通>必要


例2)医療科学部の1学科を 一般前期入学試験 と センター試験利用前期入学試験 と センタープラス入学試験 に併願

一般前期
看護学科
<1通>
センター利用前期
看護学科
<1通>
センタープラス
看護学科
<1通>
<3通>必要

例3)医療科学部の1学科を併願 一般前期で第2志望学科も出願

一般前期
臨床検査学科
(第2志望 臨床工学科)
<1通>
センター利用前期
臨床検査学科
<1通>
センタープラス
臨床検査学科
<1通>
<3通>必要


例4)医療科学部の1学科を併願 一般前期の第2志望学科でも併願

一般前期
リハ理学
(第2志望 リハ作業)
<1通>
センター
利用前期
リハ理学
<1通>
センター
利用前期
リハ作業
<1通>
センタープラス
リハ理学
<1通>
センタープラス
リハ作業
<1通>
<5通>必要


例5)医療科学部 センター試験利用前期入学試験で2学科(専攻)を併願

センター利用前期
放射線学科
<1通>
センター利用前期
医療経営情報学科
<1通>
<2通>必要

【注1】医療科学部の第2志望学科制度は一般入試のみ行っております。
【注2】医療科学部のセンタープラス入試のみの単独出願、追加出願はできません。

第2志望学科とセンタープラス入試については、学生募集要項を確認してください。